朝一で愛車のタイヤ状態をチェックしに行った従者ですwww

石鹸水を使って車のバルブからエア漏れしてないかチェックしたら・・・・・






特に問題は無かったですwww

良かったよ。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
車のタイヤがペッタンコになっていたら、スペアタイヤ履かせてガソリンスタンドかカーショップに持ち込みする羽目になるところでしたからね。

石鹸水を吹きかけてもブクブクは出てこなかったからまだ大丈夫だけど、とりあえず1週間ぐらいは様子見しておくかな。(;・∀・)

さて、車ネタに続いて。
今回はロードバイクの『ホイール』掃除をしました。

タイヤを23C→25Cへ変更した際に、リムがだいぶ汚れている状態を確認したので、リムを掃除する工具を購入しまして。
20170514_01
20170514_02
20170514_03
HOZAN K-141 ラバー砥石(#120)
HOZAN K-145 ラバー砥石ホルダー


ネットで調べてみると、こちらのアイテムがリム掃除に使えるって事なので、従者も早速便乗して買ってみましたwww
砥石って聞くと包丁とかハサミを研ぐ時に使う石をイメージしてましたが、ラバーって書いてある通り触ってみると若干グニってしましたね。

これで本当に綺麗に落ちるのかな?って心配はありましたが・・・
ここは信じてみよう、このラバー砥石の効果をっ!!
20170514_04
amazonでサクッと購入手配を進めている時に、こちらの商品を買われた方はこの商品も合わせて購入みたいな案内があったので、試しついでにホルダーをセットで買っちゃいましたが



いや~~~。
良い感じで砥石をホールドしてくれるので助かりましたねwww
ただ最後の方はホルダーを使わないで、砥石を手に持ちそのままゴシゴシしちゃってましたね・・・(;・∀・)

力の加減やホルダーから砥石がポロポロ落っこちちゃったりしたので、↑で書いた通り最後の方は「もうホルダーはいいやwww手を使おう」ってなりました。

工具の準備はOK。
そして。
20170514_05
汚い。(確信)

勿論こちらは掃除を始める前の状態です。
先ほどのラバー砥石と、砥石と聞いてそのままゴシゴシはしないだろっと思いまして『水』を用意しました。

水に砥石をジャブジャブさせて、この汚れちまったホイールを磨く!!

綺麗になれと願いを乗せ・・・
磨く!!
20170514_06
ほら、奥さん!!

汚れの違いが極力分かるように左右でわざと磨いたところと磨いてないところを作ってみましたが、バッチリ落ちましたね。( ´∀`)
正直、ここまで汚れが落ちるとは思っていなかったので感動モンでしたwww

こんなはっきりと分かるレベルで汚れが落ちると分かれば、後は一心不乱にリムをラバー砥石でゴシゴシゴシゴシゴシゴシ(以下ループ)
砥石で磨いたら、汚れを一旦布で拭き取り、最後にブレーキクリーンを別の布を用意して『布』に吹きかけてリムを拭き取ります。
面倒だからってブレーキクリーンを直接リムに吹きかけはしない方が良い。
タイヤにもモロ浴びせる事になりますし、余計な仕事を増やすことになりますので、ここは面倒でもちゃんと布に吹きかけて拭き取りましょう。




従者 「( ´ー`)フゥー...」
前後のリム掃除に夢中になっていたら、2時間近く経過しておりましたねww
※綺麗になった全体を撮るのを忘れてました・・・(;・∀・)

ラバー砥石のおかげでTCR1に装着しているアルテグラのホイールがだいぶ綺麗になりましたが、ラバー砥石も若干削れましたねwww

まぁ。
消耗品ですし、それにそんな高い商品でもなかったのでこれならもう1個ぐらい買っておけば良かったかなと作業を終えてから思いましたね。

とは言え。
あの削れ具合なら、あと数十回以上は使えるから手で持つのが辛くなるぐらいまで砥石が削れてからでも遅くはないかな。

今回はHOZANのラバー砥石を試してみましたが、他にもリム掃除で使えそうなアイテムが無いか探してみるとするかな・・・